マイルがモリモリ

各航空会社のマイル最新情報をお届けします!

成田空港のキャセイラウンジ訪問! こんな場面で使おう!

成田空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ「ファースト&ビジネスクラスラウンジ」を訪問してまいりました。羽田空港のキャセイパシフィック航空ラウンジは豪華で食事も非常においしいのですが、成田空港のラウンジはどうなんでしょうか!?ラウンジの場所や利用条件、設備、食事やお酒の内容を紹介します。
(訪問時期:2018年9月)

場所はターミナル2・エアサイド・4Fにあります

キャセイパシフィック航空のラウンジは成田空港第2ターミナルの保安検査、出国検査を通過した後のエアサイドにあります。ちょうど出国審査場(北側)をでてすぐのエレベーターで4Fまで上がったら目の前がラウンジになっています。

利用条件はビジネスクラス、ワンワールドサファイア以上!


利用条件は上の表のとおりです。基本的にはビジネスクラスラウンジという位置づけですので、キャセイパシフィック航空を含むワンワールド系のビジネスクラス・ファーストクラスの航空券をお持ちの方、キャセイパシフィック航空のマイレージクラブであるマルコポーロクラブ会員はシルバー・ゴールド・ダイヤモンド会員の方、ワンワールド系のステータスをお持ちの方はサファイア・エメラルドステータスをお持ちの方であれば入場が可能です。

営業時間は7:30~18:00とCX便に合わせています


営業時間は7:30 ~ 18:30と少し短めになっています。キャセイパシフィック便の最終出発に合わせた時間となっているためです。

設備は一通りのものがありますが、シャワーが、、、

正面入り口を入ると左右に長いラウンジとなっています。左側の奥には外を観覧できるカウンター席があります。

正面を入って右側にはフードコーナーがあり、その奥にはソファー席、ビジネススペース、雑誌コーナーがあります。

ビジネススペースは10席程度あります。プリンター・コピーも使用可能です。

トイレも個室・ウォシュレット付きで快適な空間となっています。

しかし、ここで問題発見!シャワーの設備がないのです、、、
もし仕事終わりや長距離便の前にシャワーを浴びたいという場合はこのラウンジを使用するのは避けたほうがいいですね。

ドリンク&フードは羽田空港とは大違い!

ドリンクは一通りのものがそろっていますが、生ビールは一番搾り1種類と黒ビール1種類ずつでした。黒ビールの生があるのはこのラウンジのうれしいところですね!

続きましてフードコーナーです。羽田空港のキャセイラウンジはヌードルカウンターがあり絶品担々麺を食べることができる上に、サラミやハムなども豪華であったため、期待値はあがります。
和食コーナーには鮭の塩焼きとおにぎりがありました。

タパスのようなものが2種類!

スナック類も5種類ほどありました

カップラーメン&カップみそ汁もありました!

決して悪いという訳ではないんですが、羽田空港のキャセイパシフィック航空のラウンジを知っているだけに少しガッカリという印象でした。
とはいえ、せっかく訪問したのですから、黒ビールとおつまみで一杯してきました。

成田空港のキャセイパシフィックラウンジの有効な使い道!

成田空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ「ファースト&ビジネスクラスラウンジ」は設備も食事・ドリンクもそこそこという感じです。これらに期待するのであればJALサクララウンジ・ファーストクラスラウンジを使用するほうがいいと思います。でもこんなシチュエーションであれば有効に使用することができます。
(1) 空港が混んでいるとき(連休中や台風などで欠航便が多数でた翌日)
※JALサクララウンジなどは混んでいて食事がなかなかできないことも多い
(2) 人があまりいない場所でゆっくり過ごしたいとき
実際にわたしが訪れたときも連休中でJALサクララウンジは激込みでしたが、こちらのラウンジはガラガラでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか。食事内容や設備面では羽田空港のキャセイラウンジやJALサクララウンジにはかなわないため、個人的には少し残念という気持ちがありました。通常であればJALサクララウンジ(使用できる方はファーストクラスラウンジ)を使用し、空港が混んでいるときや人が少ない場所で集中したい、ゆっくりしたいときはこのキャセイパシフィック航空「ファースト&ビジネスクラスラウンジ」を使用するのも一つの手ですね!

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営しているYuといいます。
東京在住
サラリーマンをあきらめて
一人起業、37歳独身。
毎年10~20ヵ国を旅行
カタール航空プラチナ
ワンワールド エメラルド
メインクレジットカードはSPG