マイルがモリモリ

各航空会社のマイル最新情報をお届けします!

【バリ島旅行者必見】デンパサール空港でGrabを呼ぶ際の注意事項!

東南アジアを旅行する際になにかと便利なGrabですが、空港で呼ぶ際に困っている方も多いと思います。なぜなら空港にはターミナルが複数あること、出入口が多いこと、出発ゲート・到着ゲートとフロアが違うこと、ピックアップ場所が決まっていることなど初めてきた観光客には非常わかりにくい部分が多いからです。そこで今回はバリ島・デンパサール空港におけるGrabの呼び方・ピックアップ場所を説明します。初めてバリ島・デンパサール空港でGrabを使用する方は必見の情報です。(2018年11月)

Grabとは超便利なタクシーの配車アプリです

Grabの登録方法

Grabを使うにはGrabアプリをスマホにインストールする必要があります。アンドロイドのスマホであればGoogleプレイストア、iPhoneであればAppStoreよりダウンロードします。その後にGoogleアカウント・Facebookアカウント・携帯番号いずれかより登録をしてください。クレジットカード情報については日本からは登録ができませんので旅行先の空港などで登録をしましょう。(PCから実施すると登録できる場合があります)

Grabの使用方法

Grabを使用する際はアプリを立ち上げて目的地を入力してください。この際、GPSは必ず有効にしておいてください。目的地検索で自分の希望する目的地に間違いがないこと及び金額、ピックアップの場所が正しいこと確認して「Book」を押します。

Bookを押すと、Grabアプリがドライバーを探すことになります。条件に合うドライバーが見つかれば以下のように担当ドライバーの顔・評価・車の車種/ナンバーが表示され予約完了となります。

予約が完了すると以下の画面のように自分の位置・配車したGrab車両の位置・車両到着時間の目安が表示されます。車種やナンバーでGrabの車を確認したら、乗車します。

乗車が完了すると、以下の画面のように「In Transit」の表示になります。目的地まで問題なく進んでいることを確認しましょう。下の画面にはありませんが通常は「EMERGENCY」マークが表示されておりますので、緊急時はすぐにこの「EMERGENCY」ボタンを押してください

 

また、Grabを海外で使用する際、特に、はじめて使用する場合はクレジットカードの情報登録を到着した空港で行うのがベストです。なぜなら、前述したとおり日本で登録できないためです。空港で登録してしまえばGrabにはキャッシュレスで乗ることができるため、空港で両替する必要がなくなります!
Grabを使用する際はGPSを有効にしてください。

一般的なタクシーとは何が違うの?

Grabとは東南アジアで一番利用されているタクシーの配車アプリですので基本的にはタクシーと同じと考えてください。大きな違いは以下の4点です。
① ボッタくられることがない!
② 配車~乗車~到着までアプリで完結できる!
③ キャッシュレスで乗車ができる!
④ 評価制度がありドライバーの質がいい!
見知らぬ土地で言葉も通じない中でタクシーを乗るのって大変ですよね。わたしが個人的に一番嫌なことは東南アジアのタクシー運転手はかなりの確率でボッタくりしようとするのです。私たち日本人は東南アジアの多くの国よりも裕福であるため少しくらい多めにとることが当たり前という文化があるのです。しかし、Grabアプリであれば乗車前に金額が確定しておりますのでこれ以上の金額を請求されることはありません。(高速料金や空港入場料がある場合は実費請求されます)
もう一つはキャッシュレスで乗車ができることです。両替レートの悪い空港で両替をする必要がないのです!

タクシー配車アプリのUberとどちらがいいの?

タクシー配車の2大アプリである「Grab」と「Uber」! どちらを使用しようかと迷う部分もありますよね。実はサービスや金額には大きな差はありません
2018年4月より東南アジア(カンボジア、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)のUberのタクシー配車事業はGrabに全て売却したため、東南アジアではUberを使用することができずGrabしか使用できません。また、重複して運用している地域もほとんどないため、東南アジアではGrabを使用し、それ以外ではUber使用することをおすすめします。

バリ島・デンパサール空港でのGrabの使用方法

タクシーではなくGrabを使用しましょう!

バリ島・デンパサール空港は東南アジア、いや、世界でも有数のタクシー呼込みの激しい場所です。空港をでるやいなや「タクシー?」と言った人が群がってきます。そして「No thank you」といっても全く動じずについてくるタクシー勧誘の人々、、、、、
しかし、絶対にこれら勧誘の人々のタクシーにのってはいけません
なぜなら、Grabの相場の3~4倍の金額を提示してくるからです。
通常バリ島・デンパサール空港~繁華街スミニャックまではGrabで行くと50,000 IDR程度ですが、タクシーだと150,000 IDR ~ 200,000 IDR程度取られてしまうのです。

Grabのピックアップ場所(乗車場所)は駐車場内です!

すごくわかりにくいのですが、Grabのピックアップ場所(乗車場所)は駐車場の中なのです。他の場所では呼ぶことができないので迷うことが多いのです。実際の駐車場の場所は以下の写真のとおりです。

空港到着エリア(Arrival terminal)を出るとしつこい勧誘が付きまとってきますが、直進してそれをくぐり抜けて駐車場の中に入ってください。駐車場に入ると柱にA74・B65などのナンバーが表示してあります。Grabのドライバーが「A75番にきてください」と柱のナンバーをメッセージしてくる場合がほとんどですので、そのナンバーの場所で乗車をしてください。以下構内図になります。

バリ島での移動はGrabしかない!

Uberを買収したことで東南アジアでは圧倒的シェアとなったGrabアプリ。バリ島はタクシーが余っているので路上でタクシーを見つけることは難しくありませんが、Grabと比べると非常に高額です。Grabアプリは目的地を入力するだけで安価でキャッシュレスに乗車できるすごく便利なアプリです。特に空港ではタクシーのボッタくりが横行しておりますので絶対にGrabを使用しましょう。

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営しているYuといいます。
東京在住
サラリーマンをあきらめて
一人起業、37歳独身。
毎年10~20ヵ国を旅行
カタール航空プラチナ
ワンワールド エメラルド
メインクレジットカードはSPG