マイルがモリモリ

各航空会社のマイル最新情報をお届けします!

関空の国際線ラウンジ一覧と入場条件についてまとめてみました!

各空港には、ラウンジと呼ばれる、空港利用者向けの特別な待合室がいくつか用意されています。それぞれのラウンジごとに利用者が使える設備は異なっていて、入場するための条件が設定されていることが特徴です。ラウンジにも色々な種類がありますが、この記事では、関西国際空港(関空)で用意されている国際線ラウンジについて紹介します。

国際線ラウンジついての簡単な解説

国際線ラウンジとは、その空港で国際線を利用する人が入場できるラウンジを指します。基本的には出国手続きを済ませた人のみが立ち入れる制限区域にあり、各国際線の搭乗口に近い場所に設置されていることが多いです。
国際線ラウンジを利用するには一般的に、その国際線のビジネスクラスやファーストクラスに搭乗することや、その航空会社の上級会員資格などを持っていることなどが必要とされます。
国際線ラウンジは高級感がある作りとなっており、ソフトドリンクやアルコール、その他色々な飲食物が用意されているなど、海外への出国を待つ人がゆっくりできる場所となっています。

JALサクララウンジ 国際線

まず日本の航空会社が関空において、単独で提供するラウンジから紹介します。日本航空(JAL)はJALサクララウンジという名の国際線ラウンジを提供しています。「モダンジャパニーズ」をコンセプトとし、駐機場が見渡せる窓際のカウンター席やゆっくりとくつろげるソファー・マッサージチェアが用意されていることなどが特徴です。

利用するには、JALが定める会員ステータス、あるいは搭乗クラスのいずれかに該当しなければなりません。該当の会員ステータスはJMBダイヤモンド、JGCプレミア、JMBサファイアなどであり、搭乗クラスはファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラス(FlexY運賃)となっています。
※JALサクララウンジ(国際線)の詳細はコチラより(メーカーHP)
※JALサクララウンジ(国際線)の利用条件はコチラより(メーカーHP)

ANAラウンジ 国際線

JALと同じように全日空(ANA)も、ANAラウンジという国際線ラウンジを関空に用意しています。このラウンジの特徴は、香りを演出していることです。ANAラウンジでは、ANAのブランドコンセプトを表現したオリジナルアロマがたかれていて旅の気分を盛り上げるとされています。また、飲食物の他に、携帯電話の充電器やプリントサービスなどの用意もあります。

利用条件は、ビジネスクラスに搭乗することか、ANAの「ダイヤモンドサービス」メンバー、「プラチナサービス」メンバー、スーパーフライヤーズ会員のいずれかであることです。「ブロンズサービス」メンバーは、ANAアップグレード3ポイントや4000マイルを使用することで利用することができます。または、ANAも加盟するスターアライアンスのゴールドメンバーであっても利用が可能です。
※ANAラウンジ(国際線)の詳細はコチラより(メーカーHP)
※ANAラウンジ(国際線)の利用条件はコチラより(メーカーHP)

海外の航空会社が、単独で提供する国際線ラウンジ

関空では、外資系航空会社もラウンジを提供しています。そのうち、単独で国際線ラウンジを提供しているのは、大韓航空、タイ国際航空、キャセイパシフィック航空の三社です。

大韓航空は韓国の航空会社であり、関空とソウルや済州などを結んでいます。他の航空会社と同様に、テレビや軽食などが用意されていて、くつろげる国際線ラウンジを関空においても提供しています。利用できる搭乗クラスはファーストクラス、及びプレステージクラス、会員資格はスカイパスミリオンマイラークラブ、あるいはモーニングカームプレミアムクラブなどです。
※大韓航空(KAL)ラウンジの詳細はコチラより(メーカーHP)

タイ国際航空はその名の通りタイを拠点とする航空会社で、関空ではロイヤルオーキッドラウンジと名付けられた国際線ラウンジを設置しています。内装がタイ独特の雰囲気を醸し出すような作りとなっていることが、他の国際線ラウンジとの違いです。タイ国際航空が運行する便のビジネスクラス、あるいはエコノミークラスに搭乗する場合などに利用できます。
※ロイヤルオーキッドラウンジの詳細はコチラより(メーカーHP)

最後のキャセイパシフィック航空は香港の航空会社であり、同社が関空で提供するラウンジはラウンジパシフィックという名前がついています。ラウンジパシフィックでは、食べ物や飲み物はもちろんのこと、Wi-fiから体に不自由がある人のための車椅子まで、様々な設備が用意されています。キャセイパシフィックのファーストクラス、ビジネスクラスを利用する場合や、ワンワールドサファイア以上の上級会員であれば同ラウンジを利用できます。
※ラウンジパシフィックの詳細はコチラより(メーカーHP)
※ラウンジパシフィックの利用条件はコチラより(メーカーHP)

海外の航空会社が提供する共用の国際線ラウンジ

関空には、他にもKIXエアサイドラウンジ、KIXノースラウンジ、飛鳥という国際線ラウンジがあります。
これらのラウンジはそれぞれ共用ラウンジとなっており、例えば、エールフランスやジェットスターなどの利用者はKIXエアサイドラウンジを使えるようになっています。
ユナイテッド航空やフィンエアーの場合は飛鳥が利用可能です。
また、旅行会社のツアーで国際線に乗る場合にも、これらのラウンジを使えます。JTBツアーではKIXノースラウンジ、H.I.S.ツアーではKIXエアサイドラウンジが利用できます。

関空の国際線ラウンジに入場できる条件のまとめ

このように関空の国際線では、各航空会社が独自のラウンジを提供しています。国際線ラウンジはゆっくりと休み、飲食物をとることができるなどの特徴がありますが、利用するにはビジネスクラスに乗ることや上級会員資格を持っていることが必要となっています。もし入場できる条件が揃っていて、時間に余裕があるならば一度利用してみてはいかがでしょうか。

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営しているYuといいます。
東京在住
サラリーマンをあきらめて
一人起業、37歳独身。
毎年10~20ヵ国を旅行
カタール航空プラチナ
ワンワールド エメラルド
メインクレジットカードはSPG